2021.06.03
現場のブログ

平安時代から伝わる五輪塔系の素朴な墓石

山口石材本店です 東三河のご寺院墓地、モルタルを使わない自然体のお墓

下記の墓地の写真は、お骨が入る石の骨箱を設置する為に地面に穴を掘っています、通常のお墓の工事の場合には、真っ先に鉄筋入りコンクリ-ト基礎などを設置し基礎補強をしますが、このお墓は、平安時代から続く墓相という【五輪塔系の考えに基づく墓石】伝統の造り方で、モルタルや金具などの人工的な物を極力使わず、直接地面に穴を掘り、石の骨箱を設置し、そのまま墓石を積み上げます。今では一部の墓地にしか見かけないお墓です。

この様なモルタル基礎などの無い自然に近いお墓が、日本のお墓の起源なんですよ、耐震施工が常識な今の時代には考えられないですね。

私にとっては、伝統のお墓が廃っていくのは寂しい限りです。何はともあれ精一杯ガンバリます。

このご寺院の墓地のほとんどは、この造り方のお墓です

人が参拝する際に乗る板石などには、乗っても安全第一と耐久性の為、しっかりとモルタルを使用し補強をします。

伝統のお墓さんの完成です。

ご相談、お問合せなどお気軽にご連絡ください。お見積りは、無料です。

フリ-ダイヤル 0120-148-809