2021.06.05
和型墓石

豊川市 昨今では見かけない五輪塔ゆかりのお墓

山口石材本店です 平安時代から伝わる東三河の由緒ある墓石

お墓の形】   墓石本体 二段型墓相【五輪塔に由来する墓石】

お墓のサイズ】 横幅54cm 奥行78cm 高さ119cm

墓地の場所】  東三河ご寺院

【宗教】     曹洞宗

このご寺院様の墓石の殆どが五輪塔を中心とした、古くから伝わるお墓づくりです。

一番上の石の正面の文字は【ΟΟ家先祖代々之霊位】と彫られており、お仏壇のお位牌の正面と同じです。この様なことからもお墓とお仏壇は連動していることが分ります。又、このお墓さんの特徴は、モルタルや金具などを極力使わず、平安時代から伝わる自然に近い工事方法で建てられています。その当時には人工的なモルタルなどはありません。

この様な墓石は、耐震施工が主力の現代では影が薄く、殆どの墓地で見かけなくなり平安時代頃からの伝承の技術や考え方も消えつつあります。今回は貴重な機会を頂き、少しでも多くこの様なお墓さんを後世に残したいと思います。

お見積無料、お墓の御相談はお気軽にお問合せください。