2021.06.05
現場のブログ

地元の東三河 一般的な形の三段型の墓石の石枠工事 Part.1

豊川市と豊橋市の山口石材本店です 豊川や豊橋などでよく見かけるお墓の石枠工事

今日の工事は、一番下の石枠の設置です、トラックに積んできた石材の移動式の運搬機への積み替えです、あまり見慣れない風景ですね。

運搬機で運んできた石枠の設置工事です、現場周辺が狭い為、三脚を建てて、石を吊り上げて所定の箇所に設置します、安全に作業をしています。40年へ50年ほどの前の昭和の頃の石枠は、この様な磨きの石枠ではなく、お城などで見かける石垣が主流で、今でも古い墓地には、当時の石垣の墓石が多くあります、ただ、この伝承されてきた石垣も、美しく隙間なく頑丈に施工するには高い技術が求められ、現在では、どこの墓地でもあまり見かけなくなり、石垣を作る職人も含めて日本古来の伝統が消えかけています。

施工15年間保証の一貫で、直角の金具の板と直径9mmの太めの鉄筋の棒で、石枠の上下の2カ所で、ダブル補強をします。

山口石材本店のお墓には、施工15年間施工保証が付きます。安心と身近な存在を目指します。

ご相談、お問合せなどお気軽にご連絡ください。お見積りは、無料です。

フリ-ダイヤル 0120-148-809